家を売る方法

家の売却価格を比較したい

自宅を売却する事情のある方もいると思います。家は住んで初めて価値があるものですから、必要が無ければ処分するほうが良いでしょう。

 

築年数が短いものほど高値で売れますので、売却するつもりなら早めに動くほうが得策です。しかし、いざ売ろうと思っても、一体いくらぐらいで売れるものなのか検討がつかないというのが正直なところでしょう。

 

そもそも、家は一軒一軒、値段が違うものです。この値段を決める要因は、広さや間取り、築年数、外観…等々、様々な要因が複雑に絡み合って決まるものです。さらに車の駐車台数はもちろん、周囲の環境も大きく影響してきます。

 

たとえ同じ外観、同じ間取り、同じ築年数であっても人気エリアと人気のないエリアではかなりの価格差があります。例えば、地方の物件の中には新築同様の物件がいくら値を下げても買い手がつかないというケースも珍しくはないのです。

 

ここで気をつけておくべき点は家の価格は需要と供給の関係で決まるという点です。だから、売手がその家をいくらで買ったかとか、後、住宅ローンがいくら残っているかなどは関係が無いと言うことです。

 

住宅ローンが残っているなら、売却で相殺したいと思うでしょうが、必ずしもそうなるとは限らないのです。そんな複雑な要因が絡みあう家の売却価格については、素人がいくら首をひねっても良い答えは出てきません。

 

実際に不動産業者から見積もりを取るのが一番の早道です。但し、見積もりを取る際には複数の業者から相見積もりを取り、売却価格を比較するべきです。そうすることで、大まかな相場がわかると思います。

 

そのためには、業者ごとに見積書を依頼してもよいですし、一括査定サイトを利用して見積書をもらうと言う方法もあります。

 

ただ気をつけておくべき点は、ここで出される見積額はあくまで不動産業者が売却の仲介をするために出した額であって、この金額で業者が買い取ってくれるということではありません。この点を勘違いしている方もいるので注意しましょう。

 

ただ案件によっては業者が買い取ると言うケースもあるようです。

家の一括査定サービス

イエウールの特徴

家を売ると決めたら不動産業者へ依頼する前に、オンライン一括査定サービスを利用することをおすすめします。複数業者に一括査定を依頼できるので料金の比較が簡単にできますよ。

価格 一括査定0円
評価 評価5
備考 家を最高額で売りたい人は必須

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

イエイの特徴

信頼できる不動産業者と提携をしていて大手から地元の不動産まで幅広く査定を依頼できるチャンスです。同時見積もりは自分ですると大変ですが、イエイなら簡単なので嬉しいですね。

価格 一括査定0円
評価 評価4
備考 提携不動産業者が多く信頼できるサービス

オウチーノの特徴

ネットで60秒程度の入力であなたの家の見積もりが複数とれます。完全無料の一括査定サービスなので相場を知るためにも利用しましょう。家の売却にはかかせない情報サービスですよ。

価格 一括査定0円
評価 評価4
備考 全国500社が対応しています。

家の売却査定は見積りを見て売るか決めても良い?

手持ちの商品を売る、売らないというのは所有者だけが決められることです。ですから、第三者が横からどうこう言うのは筋違いということです。これは高額な所有物である家などの不動産でも同様です。

 

家の所有者のみが売るかどうかを最終的に決めることが出来るということです。さて、家の売却をしようと決めたら、いくらぐらいで売れるのかを知る必要があります。その際には見積書を取ることが先決です。

 

見積書をもらってみると、意外に高く査定してくれたというケースもあれば、予想に反して全然低い査定額だったということもあります。

 

身近にいる自称不動産に詳しい人なんかに聞いて、「3000万ぐらいで売れるんじゃない?」なんて軽く言われたのを信じていたら、実はその半分の価値も無かったというようなケースも実際にあります。

 

ですから、本気で売却を考えているなら、先ずは不動産業者から見積をもらうことが重要です。この見積書という書類ですが、何か拘束力があると思っている方がいるかもしれませんが、そうではないのです。

 

だから見積書をもらったからと言って、相手に売る義務はないことは知っておきましょう。あくまで売却するかどうかの判断材料にしかすぎないということです。ですから、査定をしてもらってから、売るかどうかを家の所有者が決めたら良いのです。

 

つまり、査定・見積もりの段階で売却を断るのは何の問題もないということです。しかし、この段階から進んで、既に売買契約が成立し、買主が手付金を払っているとします。そうなってしまうと話が変わってくるのです。

 

この段階では自由に売主が売却を見合わせることは出来ません。もし、どうしても売らないというなら、手付金の倍額を買主に支払わないといけません。いわゆる、手付の倍返しをしないといけなくなるのです。

 

ですから、契約は安易にしてはいけないということです。家を売る方法としてただ見積の段階では、そうした拘束を受けることは無いので、気軽に見積書をもらっても大丈夫です。

 

 

 

更新履歴